前回の苦土石灰の粒の大きさによる肥効の話の前に

そもそも石灰って何なの?という話があるので、今回はそれを記載する。

肥料の粒の大きさで肥効を考える


石灰はカルシウムという意味があるけど、

一般的に使われるのは土壌のpHの調整として使うイメージが強い。


pH調整として使われる主な資材として、

消石灰(水酸化カルシウム)と炭酸石灰(炭酸石灰)があり、

それ以外の石灰ではpHの調整としての効果は期待できない。

(有機石灰は成分でみたら炭酸石灰)


pHを調整しないとどうなるか?は下記の記事を参考にしてもらい、

土壌の酸性具合に気を付けろ


pHはどれくらいにしなければならないか?は下記の記事で、

適性のpHを考える


pHはなぜ下がるか?は下記の記事で

その施肥の影響はいつまで続く?


他にも要因があるけど、それは後日




で、石灰を与えるとなぜpHが下がるのか?ですが、


pH自体の説明を簡単にすると、

水の中にある水素イオン(H+)が多ければ酸性で、

H+を減らせばpHが調整されたことになる。


で、酸性の土壌(H+)が多いところで石灰を使ってみると、


ケース:消石灰(水酸化カルシウム)

Ca(OH)2 + 2H+ → Ca2+ + 2H2O

で、水酸化カルシウム:Ca(OH)2を与えることで、H+が二つ無くなっている。


これで土壌のpHが上がったことになった。


ケース:炭酸石灰(炭酸カルシウム)

CaCO3 + 2H+ → Ca2+ + H2CO3

H2CO3 ⇌ H2O + CO2

反応を端折って書くとこんな感じ


炭酸カルシウム:CaCO3をまくと、H+が二つなくなり、

水と二酸化炭素が発生し、pHも上がっている。

(H2CO3は炭酸)


ここで注意すべき点は、

石灰を与えるとpHは上がるけど、カルシウムの追肥を行ったことにもなってしまう

ということ


これについての問題はそのうち書くことにする。


関連記事

石灰だからといってpHを調整できるわけではない

石灰には気を付けろ