愛知県の渥美半島での栽培で渥美半島に訪れた時、

渥美で栽培指導されている方から興味深い話を得た。


山の上に炭酸石灰


山口県のとある地域では、石灰岩が非常に多いので、

栽培中にpHが上がってしまうことが頻繁に発生する。


このような地域では、

石灰の使用をどれだけ気を付けるかで収穫できるか?が決まる。


はじめに石灰の使用目的を確認すると、

栽培前の石灰というのは栽培中に下がってしまったpHを中性にするために利用する。

石灰はpHを調整する為に使うもの


栽培開始前に使用する石灰は主に消石灰と炭酸石灰で、

どちらも土壌のpHを上げつつ、カルシウムを施肥する形になる。


pHを上げ過ぎたり、カルシウムが過多になるとカリウム(やそれ以外のミネラル)が吸収しにくくなるので注意。

適正のpHを考える

カルシウム過剰によるカルシウム欠乏




次に冒頭にあった山口県を見てみると、


(株式会社誠文堂新光社 / 年代で見る 日本の地質と地形 11ページより引用)


山口県の大半は秋吉帯に分布し、日本最大のカルストもこの地域にある。

醒ヶ井宿の居醒の清水

秋吉台 - Wikipedia


この地域では関東圏で開発された栽培の正攻法は通用しない。

このような正攻法が通用しない地域というのが、

地図を見てある程度あたりを付けることができるかもしれない。


地体構造を知るというのは、

本質へ到達するための重要な知見なのかもしれない。


話しながら、

色分けされた日本地図は強力だなと感じた。