米ぬかボカシを作ろう!有機酸の振る舞いまでで、

嫌気発酵で作る米ぬかボカシの良いところを書いてきた。


・窒素飢餓が起こらない

・有機質肥料が即効性を示す様になる


ひと手間加えて、

上記の様な恩恵を得ることができるけど、


それと並行して、



バケツの中では

コウジカビや細菌が増殖しては死にを繰り返している。


嫌気にしていることで、

コウジカビや細菌の細胞膜の脂質やタンパクが、

良い感じのタンパク断片でとどまってくれるから、

NPKといった施肥計算以上の効果を発揮してくれる

土とは死骸の塊である

肥料成分としての窒素(N)


途中で発生する酸も

炭酸塩によって中和するので、

土壌劣化も心配する必要はおそらくない。

土壌の酸性具合に気を付けろ


費用対効果を考えると、

自前でボカシを作るのは割に合わないけど、

教材として捉えると優秀だと思う。


微生物の増殖を活発化させるため、


カニ殻を土に混ぜると作物が病気になりにくくなるんだって


カニ殻を混ぜるとより良いかもしれない。


関連記事

発酵鶏糞ができるまで1