高野川が紅に染まりはじめる


前回の紅葉、

すべての葉が一律に紅にならずに

段階を踏んで少しずつ紅に近づいている。


ふと気になったので、



ある程度の葉で群をなしている箇所を撮影してみた。

とはいっても、複数の小枝でまとまっているので、

複数の小さな群が集まって一つの群を形成しているもの。


この群を見る限り、

紅になる葉の順の規則が見当たらない。




紅になりかけの葉を見てみる。



紅になりかけの葉というものは先端から紅になっていくのだと。


これは



以前みたカエデの緑の抜け方と同じだね。

イチョウの黄葉とカエデの紅葉


紅葉の場合は、

先に紅の色素のアントシアニンが合成されて、

その後に緑の色素のクロロフィルが抜ける

という順になるのだろう。

紅に色づく葉の内部で


葉はこれから更に紅くなる。