京都府立植物園の梅苑で



こんなウメが咲いていた。


ウメかどうかも自信がない。

梅苑で咲いているからウメと言ってるだけで、

それ以上の確認はしていない。


というか、

これ、モモじゃね?


花弁が5枚はウメを含むバラ科の特徴だからおそらく正しくて、


ウメとサクラの花が咲く


雄しべの本数や形も似てるので、

ウメだとして話を進めると、



花弁を細長くしていることで、

外観を大きく変えた品種だと言える。


花弁を細くするとこんなにも印象が変わるのだなと、

この花を見ていて感じたのだけれども、


花の本来の役目は目立つことであるため、

鳥から見た細長い花弁はどのように映るのだろう?


教えてメジロさん!


と言っても

都合よく鳥が来るほど世の中は甘くないので、

単純な疑問は迷宮入りしていったというわけです。



花弁6枚の花弁もちらほらとあって、

6枚の花弁だと更にウメだと言い切るのが難しい。


そういえば、



イチゴもウメと同じバラ科で、

通常の花弁は5枚だけど、



6枚の花弁からできたイチゴの果実は美味しいんだっけかな?