持ってるレンズで不調の畑を撮影してほしい

と頼まれたので行ってきた。


撮影してほしいという箇所は、



これ!

the 粘土鉱物みたいに土同士が緻密に結合していて壁になっている。


おや?


よくよく見てみると、



草の太い根が入っていた箇所が綺麗に撮れた。


土というものは

酸素に触れることで互いのつながりが弱くなり、

ボロボロと小さく柔らかくなっていくもので、


草の根が入ると土は柔らかくなる

という話があるのだが、



根が入ることで、

こんなにも土には隙間ができるのね。


根が土に与える影響というのが可視化できたな。

最初はとりあえず空気に当てとけって

自分たちの未来は自分たちで決める