ショウガ科のグロッパ ウィニティーという植物が開花していた。


面白い形をしているよな。

外側にある緑の組織は葉だろ。


その中に



花弁があると思いきや、これはポインセチアの赤い葉と同じで苞葉

捻じれという綺麗さ


この葉の下の方に、



黄色い小さな花がある。



大きな緑の葉で覆って、

その中でピンクの葉で装飾して、

その周辺に黄色い花を咲かせる。


一体何の目的でこの多重構造にしたのか?

謎は深まるばかり…




ところで今回の植物はショウガ科だけど、

日本で食されているショウガの花もこんな感じなのかな?と思って調べてみたら、



そうでもなかった。


下の方の葉の重なりが、グロッパの周りの葉に当たるのかな?