肥料成分としての窒素(N)で一般的な窒素肥料である硫安と、徐々に注目されつつある窒素肥料のアミノ酸肥料を記載した。


前回の話だと、断然アミノ酸肥料と言うことになるけど、

実際のところそんな簡単な話ではない。


アミノ酸肥料にはなくて硫安にはある特徴というものがある。


それは…


という前に肥料の基本的なこととして、

肥料は施肥したらすぐに効くわけではなく、

溶けてイオン化しなければならない

と言うことが大前提となる。


それを踏まえた上で、



硫安は常温で74.4g/100mlと

肥料としては圧倒的な溶けっぷりを発揮し、



一方アミノ酸肥料は、

土表面にコケが生えるぐらい、水を目いっぱい与えても、

矢印で示した黒い粒状の様に残り続ける。


作物に窒素を即効で与えたい場合、

水に対しての溶け易さだけみれば、


断然、硫安の方が良い

ということになる。


逆に長期的に効かそうと思ったら、

硫安を選択してはならない

と言うことになり、


要は使い分けってことですな。