赤水菜という品種を栽培しているところを見かけた。

赤水菜というのは、葉の中心が赤く(紫)なっている水菜のことで、

この赤色はアントシアニンの蓄積に因るものだそうだ。


通常の芯が白のものと比較すると、

当たり前だけれどもアントシアニンの合成の量が多いわけで、

その分だけより多く光合成をする必要があるだろう。


栽培者がアントシアニンの合成をサポートするとしたら何が良いだろう?


イチゴの果実の着色を担う物質は何か?でアントシアニンの合成について触れたけれども、

アントシアニンの前駆体はフェニルアラニンというアミノ酸で、



赤水菜にフェニルアラニンを積極的に与えたら品質が向上するのだろうか?


そんなことをふと思った。