砂丘農業の土では腐植が溜まりにくいのか?までで砂丘農業のことを見てきた。


この広大な砂地の中で、

ところどころで草が生えていることを記載した。

鳥取砂丘に現れる尻無川という小川にて


スリバチという地形の一番深いところ付近に川があって、

そこらへんに草がたくさん生えているんだけれども、


その川からある程度上がった中腹ぐらいに、

草が点々と生えている箇所がある。



そこにハマニガナという草が生えていた。

このハマニガナの花だけどよくよく見てみると、




ハナアブがいたんだよね。



このような砂地。

周りを見回したら、



こんな感じのところだよ。

このように花があまり見られないところで、

体の小さなハナアブが花に到達していた。


人目線だと大した距離ではないかもしれないけれど、

ハナアブの目線だと人感覚で数kmは離れているようなところではないだろうか?

海岸線で風も強いだろうに…


そんなところでも、



ハナアブは花を求めて飛んでくる。

遠方をわざわざ飛んでくるハナアブもそうだけど、



こんなところで花を咲かせたハマニガナもすごいよな。