そもそも酸って何?

強酸だったらどうなるの?と質問されて詰まった。

酸の強さ


そういえば、酸は何かを溶かすということ以上のことを普段意識しないな。

中学生の時の実験で、塩酸に鉄を溶かしたけど、肥料の効きの促進や土壌の除塩で酸を使うけど。


ふと聞かれて、何だっけ?って状態になったので、この場で振り返りも兼ねてまとめることにしよう。




理科の実験で鉄を溶かした時、水素ガスが発生して、塩化鉄ができる。


鉄は金属結合で結合していて、



鉄と鉄の間にある電子は自由に動くことができる。


で、酸というのは、H+を放出するもので、H+と言えば常に電子を欲しがっているイメージとなる。


鉄にH+がぶつかると、



水素イオンが金属結合している鉄から電子をとり、電子を得た水素イオン同士が結合してH2でガスになる。


水素イオンに周辺の電子を取られた鉄は、



鉄イオンとして遊離する。


今回は塩酸で溶かしたので、塩酸はHClでCl-が残るで塩素イオンと鉄イオンが反応して塩化鉄(FeCl2)になる。

塩化鉄(II) - Wikipedia


これをもう少しまとめると、水素イオンは鉄から電子を取り出したため、水素イオンが酸化剤で、鉄は電子をとられたので酸化されたことになる。




この話はどこかで見たことがあるよね?


そう、


老朽化水田は文字通り泥沼


老朽化水田の話で、硫化水素が鉄を遊離して硫化鉄にする時に挙がった。

硫化水素はH2Sで、酸性を示す。


まとめると、肥料のpHは侮るなかれ。

NPKは土壌への影響まではみてないから

生理的酸性肥料って何?

肥料成分の偽装に関する意見について