生理的酸性肥料って何?

生理的塩基性肥料って何?


そもそも強酸、弱酸ってなんだよ。

酸の強さってなんだ?

ということで、

最近、化学結合を見直した。


酸に関しての定義は諸々ありますが、

H+を放出するものが酸で、

H+を受け取るものが塩基だとして、


硫酸(H2SO4)、硝酸(HNO3)、炭酸(H2CO3)や塩酸(HCl)などがある。


H+を放出するものが酸ということは、

H+をたくさん放出するものが強酸で、

硫酸(H2SO4)や炭酸(H2CO3)が強酸なのね。

という判断をしてしまうかもしれないが、

この解釈は誤りで、


強酸から弱酸へを並べてみると、

塩酸(HCl) > 硫酸(H2SO4) > 硝酸(HNO3) > 炭酸(H2CO3)

このようになる。


実際のところ、

炭酸はH2CO3であるが、なかなかH+がCO32-の方から離れないらしく、


離れなければ、

H+を放出するものが酸という定義からだと弱酸になる。


つまりは、

H+と結合している陰イオン(根:こん)が何であるか?

が強酸であるかの指標になる。


で、

H+を放出する、つまりは解離する度合を示すものとして、

酸解離係数pKaというものがあり、

この数字が小さい程、H+を放出しやすく強酸となる

(根がH+を引っ張る力が弱いかどうか)


因みに、

硫酸のpKaは-3で、

硝酸のpKaは-1.4、

炭酸のpKaは6ぐらい