前回、生理的酸性肥料って何?を書いたので、

今回は流れで生理的塩基性肥料について書こうかなと。


塩基性というのは、

アルカリ性のことで、pHを上げるもの。


生理的酸性肥料が、

強酸と弱塩基からなる塩(えん)だったので、

塩と書いて、「しお」と読みたいけどここでは「えん」で


生理的塩基性肥料はその逆で、

弱酸と強塩基からなる塩ということになる。


有名どころは、炭酸石灰(カルシウム)で、

カルシウム肥料のはずなのにpHの調整の際に使用される。


炭酸カルシウムは、

炭酸と水酸化カルシウムからなる塩とのことで、


炭酸が弱酸、

水酸化カルシウムが強塩基になるらしい。


で、炭酸カルシウムはくよう性なので、

水にはほとんど溶けないけれども、

水に溶かしてみると、


CaCO3 + 2H2O → Ca(OH)2 + H2CO3

H2CO3 → H2O + CO2


ほれ、

水酸化カルシウムが土壌に残り、

炭酸イオンの方は水と二酸化炭素になったし、

これらはpHに影響を与えないから、

これでpHは上がるでしょ?

ということらしい。


硫安然り、

炭酸カルシウム然り、


肥効を考えるならば、

水への溶け易さや水に溶けた先の反応まで見ておかないと、

おいおいは痛い目見るよってことなんだよね。


pHは下がり過ぎると、アルミニウム障害だし、

逆に上がり過ぎても、カリウム欠乏とかを起こすし、

土壌の酸性具合に気を付けろ

適性のpHを考える


施肥をNPKだけで判断してたら、

じわじわ落ちて、営農は自然倒産につながってしまう。