信号待ちの時、

ふと信号の柱の根元に目がいった。


いつもどおり根元に草が生えていたんだけど、



真ん中にエノコロ、

外に向かってメヒシバ(赤い枠)が展開していた。


今まで気にしてなかったけれども、

よくよく考えるとメヒシバって倒れるように花を展開していたな。

小さな隙間が得意な奴はしなやかに生きてる


群衆で花を咲かせるエノコロと、

倒れるように花を咲かせるメヒシバ。



集まるとこんな風に花を展開するんだね。


他のところを見てないから、

この規則が一般的なのか知らんけど。