南九州の有村青果さん主催の勉強会に呼ばれ、

京都農販として肥料の話と黒ボク土についての話をしました。


南九州の黒ボク土はたくさんの良さがあるのに対して、

アルミニウム障害が発生しやすいという悪さも目立つ土質であるので、


障害周りの話を重点的に、

その障害を回避するために有効であることを主題として話をしました。


京都という栽培しにくい環境から見たら喉から手が出る程欲しい土質です。

今回の話で少しでも秀品率や作業性の向上のお役になれば幸いです。


関連記事

黒ボク土は本当に良い土なのか?前編