表題の通り、Chromebookがプログラミングの教育の端末として向いているか?を調査してみるためにChromebookを購入してみた。


実はChromebook自体は中学生にプログラミングを教えてみて。その1で話題に挙げているプログラミング教室で試しに購入していて、Chromebook発売当初から触れてはいたが、JavaとIDEの面であまり使用していなかった。

※採用していたプログラミング教育のアプリがJava製だった。


2019年に発売されたChromebookでLinuxが動作するようになって、最近のテレワーク事情から急速にスペックが良くなって、これはWindowsの代替でいけるのでは?という状態になったので本格導入をすべく検討を開始した。


直近のプログラミング教室ではGolangに触れていることが多いので、Golangの動作環境を構築してみる。




環境

端末:ASUS Chromebook Detachable CM3 CM3000

OSバージョン:90.0.4430.86(Official Build) (32 ビット)


最初にLinuxを使えるようにする。

設定方法は簡単だったので、キャプチャなしでテキストベースで話を進める。

Chromebook で Linux(ベータ版)をセットアップする - Chromebook ヘルプ


・設定を開き、下の方にスクロールして、デベロッパーの項目のLinux 開発環境(ベータ版)を有効(オン)にする。

画面の指示に従い、



ターミナル(端末)のウィンドウが立ち上がったら設定は終了。

使用できるLinuxのディストリビューションはDebian(Ubuntu等)になる。

Debian - Wikipedia




続いて、Golangをインストールしてみる。

端末で下記のコマンドを実行する。

$ sudo apt update
$ sudo apt install golang
# インストールできたことを確認
$ go version
go version go1.11.6 linux/arm64

※IDEのインストールで用いるCPUの種類(ここではarm64)をメモしておく。

ARMアーキテクチャ - Wikipedia




最後にVisual Studio Codeをインストールする。

数あるエディタの中でVisual Studio Codeを選んだ理由はARM64版があるから。

※GitHubのAtomの公式でARM64版が見つからなかった。


Visual Studio CodeのダウンロードはVisual Studio Code - Code Editing. Redefinedでダウロードできるが一点注意があって、通常の.debファイルのダウンロードを行うと、ARM64版ではないものなので、other platformのページを開き、



ARM64版の.debファイルをダウンロードする必要がある。

ARM64版の.debファイルをダウンロードしたら、



ダウンロードフォルダにある.debファイルをLinuxファイルフォルダに移動して、.debファイルをダブルクリックする。


画面の指示に従い、



Visual Studio Codeが立ち上がるところまで確認できたら設定は終了。

実際の言語でのプログラミング教室はChromebookでもいけることがわかった。


ただし、現時点では日本語入力には対応していないのか、半角英数字のみ使用可能になっていた。


関連記事

ChromebookのLinuxアプリで日本語入力をできるようにする