上のような図の作成することになったので、簡単に作成出来るアプリを探してみた。

検索をしてみたところ、



Fritzingというアプリがよく使用されているらしい。

ということでFritzingを試してみることにした。

※WindowsとMac版もある

Fritzing




Ubuntu、Raspberry Pi OS共に下記の手順で使用できる。

ターミナル(端末)を開き、下記のコマンドを実行する。

$ sudo apt install fritzing
$ fritzing


Fritzingが起動した。

冒頭の図を作成する場合は、ナビの下にあるブレットボードのボタンを押せば作成画面が表示される。

右のパーツの項目から適宜必要なパーツを探して、画面にドラックすれば良い。




今回の手続きでインストールされたFritzingのバージョンは0.9.3となっていて、標準のパーツにRaspberry Pi 4 Model Bがない。

パーツはネット上を探して、気軽にインポートして使用できる仕様になっている。


とりあえず、Raspberry Pi 4 Model Bのパーツをインポートしてみることにした。

Raspberry pi 4 model B - fritzing forumのやりとりの途中で、raspberry_pi_4.fzpzのダウンロードのリンクがあったので、fzpzファイルをダウンロードしてくる。


再び、Fritzingを起動し、




画面右側のハンバーガーメニュを開き、Importを選択する。

後は画面に指示に従い、ダウンロードしてきたfzpzファイルを読み込めば、Raspberry Pi 4 Model Bのパーツを使用できるようになり、冒頭の図が作成できるようになる。