Go言語の環境の準備は下記の記事より

WindowsでGo言語


workspace内にgoフォルダ(プログラミングの世界ではディレクトリと呼ぶ)を作る。

Atomを開くと、Enter the path for the new file という文字が表示されるので、そこにmain.goと入力する。


これで、goディレクトリの中に、main.goというファイルが出来上がった。

main.goに下記のコードを記述。

package main

func main() {
	
}

go言語のお約束で、この2行は必ず入れないといけない。


実際に実行したい命令文をmain(){}の{}に入れる。

今回はHello Worldを表示させてみる。その場合は、

package main

func main() {
	print("Hello World")
}

と入れctrl+shift+bを押して実行する。

※bはこれをおしたら実行になるように先に設定した。



Hello worldが画面の真ん中あたりに表示される。


もう一つは、コマンドを使ってHelllo Worldを表示する方法もある(こちらの方が一般的)。

今回は、MINGW64をインストールしたのでこれを使って、Atomで作成したmain.goのファイルを実行する。

main.goを開いて下記のコマンドを入力する。



Hello Worldが表示される。