SOY CMSにはスクリプトモジュールブロックという自由にルールを決めて記事一覧を取得するという機能があるが、

どのサイトでもほしい記事一覧のルールはだいたい同じ。

SOY CMSのブロックで記事のランダム表示


サイトを立ち上げる度にスクリプトモジュールブロックを設定して、

カスタムスクリプトを配置するのは面倒なので、


スクリプトモジュールブロックのスクリプトをプラグインとしてパッケージ化し、

そのプラグインを読み込むブロック、プラグインブロックを追加してみた。


設定は簡単で、



CMS内に配置されているブロック用のプラグインをインストールして、



ブロック設定の際にプラグインブロックを選び、



ブロック用のプラグインを選べば終了。

ここで選択できるプラグインIDは各プラグインの詳細説明に記載されています。


この機能を利用できるSOY CMSのパッケージはGitHubにあげておきます。

https://github.com/inunosinsi/soycms/tree/master/package/soycms


soycms_1.8.12p7.2以降のバージョンから使用可能です。


以前のバージョンからバージョンアップを行う際、

以前のバージョンでuser.config.phpを編集している場合は、user.config.php.sampleのSOYCMS_BLOCK_LISTを参考にして、PluginBlockComponentを追加してください。