SOY CMSの古いバージョンを使っている方から、

最新版へのバージョンアップはどのようにしたら良いでしょうか?

という質問が時々あります。


開発履歴も含めてお伝えします。

例えば、SOY CMS 1.2系統を使用していたところから、最新版の1.8系統にバージョンアップしたいとします。

SOY CMSでは、1.5系でJavaScriptのライブラリをprototype.jsからjQueryに変更しており、

このバージョンでバージョンアップ後の自動対応が追加されました。


これを踏まえた上でバージョンアップですが、

1.2系から1.5系までは0.1ずつバージョンアップしては、

公式サイトで公開されているバッチファイルを当てながら少しずつバージョンアップしていくのが良いでしょう。


バージョンアップはサーバに配置している全てのファイルをすべて上書きで対応します。



念のため、バージョンアップの度に初期管理者で管理画面にログインし、

ようこそSOY CMSへの画面にあるキャッシュのクリアを行います。


1.5系以降は一気にバージョンを上げても良いですが、

念の為に1.5系以前の0.1ずつ上げていくのが良いですが、ここからはバッチファイルの有無を確認する必要はありません。


私の開発しているパッケージへ移行したいという方は、

公式で公開されている最新版までバージョンアップした後、

私のパッケージにバージョンアップすれば良いです。


パッケージの配布は下記ページで行っています。

https://saitodev.co/soycms/


追記

他の方からSOY Shopの方も質問されたのでSOY Shopの方の開発履歴も記載しておきます。

SOY Shopでは1.11系で自動バージョンアップのスクリプトが追加されていますので、1.11系以降のパッケージを利用している方は最新版に一気に上げてしまっても問題ありません。

一応、0.1ベースでバージョンアップしていくのが安全です。