このサイトを運営しているSOY CMSですが、

ブログの記事の作成中に下書きの自動保存機能が無かったため、

書いている途中に回線が落ちたとかで書きかけの記事が消えるということがありました。


だったら自動保存機能を作れよということでしたが、

ついつい後回しにしてしまい、今までなかったわけです。


最近、知人が本気記事を書いている時に突然回線が落ちて記事が消えた時の落胆ぶりを目の前で見て、

さすがに作らなきゃいけないなと思い重い腰を上げましたとさ。




機能を複雑にすると誤動作により、

書きかけの記事を削除してしまう危険性が高まるため、

仕様はシンプルにさせていただきました。


記事の投稿画面を開いて30秒が経過すると、




記事のバックアップのところで何時にバックアップを行ったかという通知を表示します。


この時のバックアップの仕組みは

/サイトID/.entry/ログインしているアカウントID/以下にテキスト形式のバックアップファイルを作成します。


バックアップファイルが作成された後に、記事を保存せずに画面を閉じてしまった場合、



次に記事投稿画面を開くと、

記事の復元ボタンが表示されています。


バックアップファイルを作成する時に、サイトIDとログインIDを指定して保存しているので、

他サイトを開いている時や別のアカウントでログインしている場合は復元ボタンは表示されません。


また、作成途中に誤って以前のバックアップを復元しない様に、

記事の作成や更新ボタンを押したときにバックアップファイルを削除します。


今回の機能のダウンロードはSOY CMSフォーラムから行えます。

記事自動バックアッププラグイン | SOY CMSフォーラム