最高の開発環境を求めて


前回、コンピュータの勉強という名目で、

OSをUbuntuにし、

zsh(Z Shell) + tmux + Emacsでコードを書くことにしたわけですが、

使っていくと、あれもほしい、これもほしいと、

カスタマイズしたくなってくるのは人の性です。


結構初期に感じたのが、端末(zsh)を立ち上げます。

その後、tmuxを立ち上げるために


localhost% tmux

tmuxというコマンドをいちいち打たなければならないのがうっとおしい。

というわけで、

zsh側の設定でzshの起動と同時にtmuxを起動する設定を加えてみた。

※zshのインストールは面倒なので省くことにした


HOMEディレクトリで.zshrcを作成して下記のコードを追加した。


.zshrc

[[ -z "$TMUX" && ! -z "$PS1" ]] && tmux

ファイルを保存して、端末を再起動してみると、



端末の下に黄緑色の枠が最初から表示されていた。

この枠はtmuxが起動した時に表示されるものなので、

端末(zsh)の起動と同時にtmuxの起動も実行される様になった。