5月中旬になった。

この時期が訪れることをずっと待っていた。


なぜ待っていたか?というと、

いずれアヤメかカキツバタ!

このフレーズを書きたかったからだ。


あまりのこのフレーズの書き足さに

いずれ(カンザキ)アヤメかカキツバタというフライング的な記事すら投稿してしまったぐらいだ。


だけどね、

アヤメの時期が訪れても、アヤメってなかなか見当たらないのよ。


そんな中、

夕方に下鴨神社をブラブラしていたら、



御手洗池の近くにあった。

御手洗池といっても、池の縁ではなくちょっと上がったところね。


アヤメはそっくりな花であるカキツバタやハナショウブと異なり、

湿地ではないところに咲くので生育の条件を満たしている。

大田神社のカキツバタ

梅宮神社のハナショウブ



花に白と線の文目(あやめ)の模様があり、



花弁も丸っこい剣型なのでこれはアヤメで間違いないだろう。


ということでやっと書ける。


いずれアヤメかカキツバタ!