森の一角にある幾分前に朽ちた木の跡




腐植もだいぶ進み、

おそらくそろそろ地上から姿を消すのではないだろうか。



この木、

今はこんなにも小さいけれど、

生きている頃はさぞ大きな木であったのだろうと想像できる。


きっと、

この下に立派な根が張り巡っていたのではないだろうかと。





この木が完全に消えたとき、

地下を張り巡った根も消えるわけで、

その箇所には膨大なフェノール性化合物の腐植が残るのだろう。

木の枝から出てくる黒い液


想像でしかないけど、

1m以上深く根付いただろうから、

1mよりも深い箇所に腐植がたんまりということだってあるはずだ。


こうやって森は深く厚く腐植の層ができたのだろうな。


関連記事

土とは死骸の塊である