森の木を見る機会が増えたので、

何気なく歩いている時も街路樹の幹が気になったりする。



これはおそらくイチョウの幹なんだけど、



見ての通り、

幹の表面にコケがびっしり。


いろんな木を見てみると、

コケが生える木と生えない木があるんだよね。


となると、

コケをあえて生やせているのか?


生えない木の方で、

コケに対して対応性を獲得した


ということが考えられるんだけど、



何かここまでみっちりと生えていると、

何だかコケを生やせた方が得に見えてくる。


コケの根から酸が分泌されているだろうから、

それが程よい刺激だったりして。