京都府立植物園で嵯峨菊が展示されていた。


嵯峨(さが)というのは、

京都右京区、嵐山らへんの地域を指し、


嵯峨にある大覚寺というところで栽培されているのが嵯峨菊

嵯峨 - Wikipedia




花はこんな感じで、

花弁らしきもの(?)が細長いのが特徴


先日見た


肥後菊は細くしなやかで美しい


肥後菊と比べて、流星の様な複雑さがある。


同じ菊でも、

こんなにも違う形状になるのだなと。


植物学を専攻していた身として、

長い歴史の中でおそらくこんな変異が入ったのだろうな?

と想像してしまう。


とりあえず詳細に入る前に一旦ここで終わりにする。


P.S.

昨年行った大覚寺の嵯峨菊展