タニシから貝が立体的に巻くということを学ぶまでの記事で、様々な貝殻の形について学んだ。

せっかくの機会なので、他のパターンも見てみる。


アサリのような二枚貝について見てみる。


二枚貝は見ての通り、貝が二枚ある。

貝が二枚あることについての詳しい説明が見当たらなかったので、長い進化の過程で殻を二個生成できる個体が誕生したということにしておこう。

この二枚貝の一枚の殻の形だけれども、この形も今までの内容から説明できるらしい。





貝殻の基本形は円錐だけれども、



この円錐の高さを低くして、左側の伸長を抑え、右側の伸長量を増やすと、二枚貝のような形になる。

都合よく円錐の頂点同士がつながっているとか、ホタテのような複雑か殻表面の模様とか、色々と話題はあるけれども、二枚貝については一旦ここまでにしておく。