今日の食事はアサリの味噌汁だった。

ということで食卓や台所に残るのがアサリの貝殻。


貝殻といえば、

貝殻石灰(有機石灰)と呼ばれるだけあって、

土壌に入れることが多いが、

実際のところ効きはどうなの?

ということで検討してみた。




アサリの貝の成分が分からなかったので、

牡蠣殻の成分を調べてみたけど、

見当たらなかったので、記憶にある内容を記載すると、


牡蠣殻の貝の成分は、

炭酸カルシウムが大体90%

残り10%の内にミネラルが含まれていて、

マグネシウムは1%未満


炭酸カルシウムがたくさん含まれているということで、

じんわりとpHの調整を行える肥料とみて良いだろう。

石灰はpHを調整する為に使うもの




有機石灰はミネラル豊富というけれど、

9割以上がカルシウムで、

1割未満の成分にミネラルが含まれているとすると、

みんなが思ってる程ミネラルは豊富ではないんじゃないかと…


炭酸カルシウムが入っているので、

土壌の緩衝性は高まるんだけど、


有機という名前に引っ張られ、

土壌のカルシウムの量が上昇することは避けないとな。

石灰には気を付けろ