アザミの群生の中に白いアザミに引き続き、アザミ探し。

アザミの群生がいた場所から少し低いところに向かってみると、



笹薮がある。

ちょうどこの写真の中央あたりをよくよく見てみると、



アザミのような、アザミでないような…、小さな花が咲いていた。



葉を見ると、トゲがなくて触っても痛くない。

萼片も同様に触っても痛くない。


これらの特徴を加味して調べてみたら、キツネアザミという名が目についた。

キツネアザミ - Wikipedia


アザミのように見えるけれども、アザミではない。まるでキツネに騙されたようだということでこの名前が付いたらしいのだけれども、この花を見た時にアザミだろうか?違うのだろうか?と考えたので、この説明は妙に腑に落ちる。


とりあえず、



お約束として、花を接写で撮影してみた。

雌しべらしきものが見当たらないので、花の形はノアザミと同じと見て良いだろうか?

アザミの群生を探しに広葉樹の林の林床へ