おそらくコヒルガオだろうけど、

コヒルガオがフェンスに巻き付いていた。




アリとかよくわからない虫が花の奥に向かったり出てきたりだけど、

よくよく見ると雄しべにも雌しべにも接している虫がほぼいないなと。


コヒルガオの花は蕊に接しない虫にこんなにも入られる程無駄な構造をしているのか?

それともアリがあまりにもスマートに移動できるからなのか?


そもそも、

コヒルガオって自家受粉じゃなかったっけ?


自家受粉出来なかった時に念の為に蜜を用意して待機しているだろうけど、

その蜜をアリに取られてしまってもね。


それとも、

アリがいることでコヒルガオにとってプラスのことがあるかもね。