サクラサクにはちとはやい


サクラとウメの違いね。

サクラとウメの違いもわかんないの?

と言われたことがあるけど、


基本的に見分けるのは難しいものだ。

キャベツとレタスも然り。


違いがわからないの?と不思議に思う人は、

おそらく植物のことをまじまじと見ていない。


見れば見る程違いなんてわからなくなるものだ。


なんてのはおいといて

今回の本題のサクラとウメの違いについて。




この前購入した本によると、

サクラハンドブック


の前に、各々の花を載せておくと



これがサクラで



これがウメ。


これを見ると一目瞭然!



花弁の先端に切れ込みがあるかどうか?だ。

切れ込みがある方がサクラで、

切れ込みがない方がウメみたいだ。


おいおいちょっと待てよ。


北野天満宮、管原氏が愛した梅の花


前に紹介した八重になりかけのウメの花。

切れ込みとはいわないが、

それっぽい形状をしていないか?


おそらくこのウメは、

花弁の縁が若干長く伸長し、

バランスがとれなくなって波打っている様に見えることから切れ込みに見える気がするが、

(上の説明の詳細は割愛)


こういう変異体があると、

明確だと思っていた指標も曖昧になっていく。


とりあえず、

サクラとウメは他にも見分ける手段があるらしい。


それはそのうち機会があれば。