前回のエノコロは四方囲まれたの続き。



今度はエノコロの間から



キク科植物が生えた場合。



エノコロの生育の時点で、

この環境では植物が生育するのは難しいと分かる。


そんな中で



キク科植物の花が直立出来ていないところを見ると、

この植物も生育しづらそうだ。


エノコロ目線でも、

キク科目線でも、


他の植物の群衆があるところのちょうど真ん中は居心地が悪そうに見える。


植物は発芽してしまった、

それよりも前にタネだった頃に落下した個所で、

このタネの運命が決まってしまうから、


タネをどこに落とすか?

が非常に重要だということを改めて感じる。