道端のちょっとした隙間に大型の草が生える季節となった。

この写真の一番左に



エノコロがいた。

花を咲かせていたので伸長はこのあたりで上限かな?

エノコロを見て思い出す師の言葉


なんてことは置いといて、



写真の一番右の



キク科の群生のちょうど間に



一本の穂のエノコロが咲いていた。


おそらくこの穂を取り囲むキク科の草はまだ伸長するだろう。

これらの草と比較して、エノコロは既に花を咲かせているので伸長はしないだろう。



この構図が怖いお兄さん(キク科)たちに囲まれたエノコロのように見えて、

思わず写真に撮ってしまった。


間にいるエノコロが何を思ってここにいるのだろう?