河川敷におそらくオギだろう草が群生している。

写真では高さはわからないが人の身長は超えている。


この写真の右下にクズの群生がいる。


強さは高く広く展開すること


先日の記事でキク科の強靭な茎を持つ草に巻き付き、

こんもりと展開しているようなクズを紹介した。


このクズがオギの群生の付近では大人しくしているように見える。


がしかし!



オギの群生の一箇所でオギが倒れている箇所がある。


よくよく見てみると、



クズがオギに巻き付き、

オギを倒しながらオギの群生内を突き進む。


クズ、強すぎだろ!


ちなみにクズは秋の七草でマメ科の草である。