柱の根元に気になる木が…


木…?


というか下を向いて歩くと危険ですね。

あぶない、あぶない。


って話が脱線してしまった。


話を戻すと



柱のところに発芽したばかりのカエデが生きていた。

おそらくここにいても大きな木にはなれないだろうし、

大きくなったら目立ちすぎておそらく抜かれるだろう。


この木にとって本位的でない将来が待っているとしても、

このカエデは今を一生懸命生きている。


本来はこうでなければいけないなと

カエデに教えられた気がするよ。