前回のコケとは何だろう?でコケを学んでいる旨を記載した。


運良く、現在住んでいるところは、

原生林や人工的な森が近くに充実しているため、

早速、近所の森に突入してみた。



小川にある石にて、

表面をコケが覆い、

その上に草が生えている

という時々ネタにするような状況に遭遇した。


石を覆ったコケは草にとっての土になるのね。

というのは今までの自分の感想だけれども、


この写真の右側の草を見て欲しい。



この草だ。


この草の根元をよく見てみると、



これは草の根がコケの群生の中で伸長したと思いきや、

あるところでコケの群生の上に出てしまったけれども、

再び根がコケの群生の中に入ろうとしているように見える。


植物の根はコケから養分を頂くことができるということか?


いや待てよ。

コケの根は仮根といって、

養分吸収能を持たず、植物体(実際には配偶体)を支えるだけの役割だったはず。


ということは、

仮根から有機酸の分泌もおそらく無いだろうと考えられるわけで、

コケの(仮)根は岩を溶かさない。

コケはどこから金属を調達するのか?


でも、



おそらくこの草の根は有機酸の分泌があるだろうから、

岩肌に接触すれば岩を溶かすことが出来るかもしれない。

根酸が炭酸塩を溶かす


岩石の風化とは、

コケとその上に生えた草たちによって行われるのでは?


なんてことを、



この一角を見て思った。


関連記事

硬いチャートの表面で土ができる