一本の低木があった。



この低木の根元に



キノコがコケを押し上げ生えていた。

キノコといえば、今中心に写っている子実体はあくまで個体の一部であって、

菌糸は至るところに張り巡らせているという。



子実体から少し離れた場所が目に付いた。



コケの群衆が禿げていて、

その個所に



菌糸がびっしりと生えている個所があった。


周りのコケが褐色になっている。

これらのコケはキノコの菌糸にやられたのか?

コケが何らかの原因で褐色になった隙にキノコの菌糸が入り込んだのか?


どちらかは知らんけど、


今、このキノコから少し離れた個所こそが、

木質系の有機物が急激に分解されているエリアになるのだろう。


子実体の周りに菌糸が広がるイメージが少し強いものになった。

リグニンの分解に関与する白色腐朽菌


読み物

食用キノコから発見されたストロビルリン