なんとなく木を眺めていて気が付いた。




サクラが落葉し始めているなと。

サクラの落葉ってこんなに早かったっけ?


この木の近くに、落葉樹として定番なブナ科のクヌギらしき木があるので行ってみると、




クヌギらしき木の葉は落葉する気配はなし。

葉が環境ストレスをたくさん受けたら落葉しやすくなるはずで、サクラよりもクヌギの方が環境に対してタフなのかなと。

コナラの落葉から落葉性を考える


桜の落葉や変色が目立つ 長梅雨や猛暑で夏バテか - ウェザーニュースのページによると、サクラの落葉がはやくなるのは、夏の環境ストレスによるものらしく、今年の夏はサクラにとっては厳しいものだった可能性は高い。


これから快適な季節になるのに、今の時期に落葉されると森林全体の光合成による二酸化炭素の固定量も減るだろうから、毎年何らかの異常気象の具合が加速していくと、この状態から抜けるのは難しくなると、サクラの木を見て思った。


関連記事

無効分げつの発生を抑える為の中干しは必要なのか?の続き