1月になって更に寒くなって、




この時期の風物詩であるスイセンが花を咲かす。

前にも書いたのだけれども、

この時期に咲くスイセンは不思議でしょうがない。

冬に咲く花はなぜ冬の開花を選んだのだろうか?


とは言っても、

他の植物だったら何でも知っているのか?と言えば、

アストロバイオロジーから連なる様々な生物学的に見れば、

解明されていることなんで、限りなくゼロに等しいわけで、

何も知っていないのと等しい。

※アストロバイオロジーとは、宇宙に生物はいるのか?地球の生物はどのように誕生したのか?等の生物学


なんて脱線はここまでにしておいて、

なんで不思議か?って


この寒い中で、



こんなに花柄を伸ばして、



カクっと曲がって下を向く。

ざっと見た感じ、うさぎの通常姿勢より高いぐらいの位置か?


スイセンはタネをつけないらしいし、

それなのに花は大きいし、

いったい何なのだろう?