道端で街路樹があるような土の上にコケが繁茂している場所をマジマジと見てみると、



苔の間にロゼットが生えているのを時々見かける。

背の低いロゼットとこれまた背の低いコケが光の取り合いをしているのか?


いずれは更に背の高い草らが繁茂するだろうから、写真の場所の現状はこれから植物にとっての土が出来始めるということなのだろう。

ロゼットにとって、湿気が高そうなコケに囲まれるのはプラスなのだろうか?

透き通るような緑のコケの葉


関連記事

硬いチャートの表面で土ができる

雨上がり、サクラの木の下のキノコたち