マイナス増やして、大事なものを蓄えろで

保肥力は粘土の様な鉱物や腐植で増えると記載した。

(粘土鉱物以外の鉱物でも保肥力は増える)


で、

鉱物はどうやって要素を吸着するか?

という話だけど、



粘土の詳細を見たときに、

各層が層間水というものでつながっていて、

その水のところで陽イオンを保持するという話だが、


この話をもっとマニアックに見てみると、


M. Alexandre, P. Dubois, “Polymer-layered Silicate Nanocomposites:Preparation, Properties and Uses of a New Class of Materials”,Material Science and Engineering, 28, 1~63(2000)の3ページから引用


二つの構造の間にExchangable cations

訳すと交換可能な陽イオンということで、

陽イオン交換容量の箇所ということで間違いないだろう。


ここから、

鉱物間の粒子の間に保肥力が発生していることが分かる。


となると、

腐植は鉱物ではないから、

腐植由来の保肥力は今回のものは別物なわけで、


次回は腐植の保肥力について見ていきたいと思う。