マイナス増やして、大事なものを蓄えろ保肥力:CECの話を記載した。


表現が正しいかわからないけど、

CECは土壌にマイナスの電気を帯びている箇所があって、



そこに要素の中でもプラスのイオンのものが吸着している

というイメージ


だとすると、

土壌がpHに傾く、すなわち水素イオン(H+)が多くなった状態だと、



こんな感じで水素イオン(H+)が保肥力の手を埋めてしまうため、

pHが酸性に傾くと効きにくくなる要素が出てくるということになる。




栽培では一作が終わると、

肥料や根酸などでpHが酸性に傾いているわけで、

栽培を始める前にとりあえず石灰でpH調整をしよう

という文化が現れたのだろうな。

石灰はpHを調整する為に使うもの


なんて思ったりするわけです。