街路樹の根元の草たちを見ていると、





おそらくマルバアサガオと思われる草が、

ちょうどヨモギらしき草の生えていないところを狙うように伸長していた。

容赦ないアサガオ


ヨモギと言えばアレロパシーなので、

ヨモギが繁茂していないところでマルバアサガオが発芽したのはなんとなくわかるけれども、

エノコロと師の言葉とアレロパシー


マルバアサガオがヨモギを避けるように伸長するのは、

ヨモギからの揮発物質とかで伸長方向も制御されていたりするのだろうか?

ヨモギはビタミンAが豊富らしい


草たちの陣取り合戦において、

香りというもの一つの要因になっているかもしれないなと、

香りについての理解を深める必要があるとマルバアサガオたちから教わった。


とりあえず、

ここは毎日通る道なので、

マルバアサガオがヨモギを覆えるかどうかを引き続き見ていこう。