ミャンマーのヤンゴンに行ったので畑の土を見た


先日、ミャンマーに行ったわけですが、

今まで海外に行った経験は一回しかなく、

更にいうとはじめて他の国の畑に行ったわけですが、


他の国の畑に行くということで気になっていたこととして、

他の国の畑の草はきっと今まで見たことがない草で生い茂っているのだろう

と勝手な想像をしていたわけですが…


畑について早速見渡してみると、



なんか密集している感じだけど、


なんかこの草ばかりだ。



花も見覚えがある。

これはオヒシバだよな?


行けども、その先にはアスファルト


普段、帰り道で見かける草(写真の草はおそらくメヒシバ)だったので、

良い意味で期待を裏切られた感がある。


何故良い意味かって?


何故ならば、

似たような種類だったことによって、

地域による差が少しでも減ったからで、

差が少なければ何事も判断しやすくなる。


こんなふうに書いたけど、

他の箇所や一年を通して見てみたら、

きっと今まで見たことないような草が生えると信じている。


関連記事

あそこからヤブガラシが消えた