幼木に巻き付いている植物はシダか?の記事に引き続き、摂津峡を歩きながらシダ植物を探していたら、



すごく特徴的なシダが生えていた。



これはどう解釈したら良いのか?

1回羽状浅裂か?



だったら、羽片の間にある突起は何だ?


それよりも混乱させる要因として、



先端が分かれているのは何だ?

これは正常なのか?

変異体なのか?


山と渓谷社から出版されている桶川 修著 大作 晃一著 くらべてわかるシダを開いても該当するものはない。


とりあえず、このシダが正常なのか?

変異体であれば、どこまでを変異であると解釈するか?


これらを課題にして、他のシダ植物を観察し続け、観察眼を鍛えることにしよう。