丘の一番上あたりに一本の木があって、その周辺は人の手が程よく入っていて、土はあまり肥えていない(ように見える)。

この木はブナ科のアベマキかな?と思っているんだけれども、



この木の根元をよくよく見てみると、




幼苗の群衆が出来ていた。

大きな葉に細い鋸歯があって、葉の裏が白いのでアベマキの幼苗だと思う。


おそらくこの幼苗たちは、



この木で実ったドングリなのだろうと想像している。

あまり肥えていないように見える傾斜において、



ここまで育っているのは、ドングリに含まれていた養分の量が優秀なのか?

ブナ科の木の種子と果実の大きさが意味するもの


もしくは痩せている傾斜の土であったことで根元で何らかの良い事があったのか?

※たとえば根のネットワークを形成する菌は痩せていた土地で優位になるとか

森を学ぶ為にブナ科の木々を学ぶ


木から学べることは多いだろうと改めて思う。