人為的に管理された傾斜の芝生がある。

この芝生で



キク科の植物が花を咲かせていた。


この花だけど



花茎が不必要に長い。

おそらくこの植物は周辺の草が高いことが想定され、

ここまで花茎を長くして花を咲かせたのだろう。


更に、

人為的に刈り取りが行われている芝生において、

花茎が伸長する直前まではロゼットで地際すれすれで生育するため、

刈り取られずに健全に成長できたのだろうな。


この草、

周囲に競合するような草がないため、

花茎は風に弱いだろう。


それでもしなやかにタネを付けるまでいきつくのだろうな。