セリンの生合成

先日から植物とアミノ酸について調べているんだけど、

アミノ酸と言えばちょくちょく名前が出てくるグルタチオン


グルタチオンとは、グルタミン酸システイングリシンが、この順番でペプチド結合したトリペプチドである。

※グリシンは側鎖が-Hの非極性側鎖アミノ酸

タンパクを形成するペプチド結合


By NEUROtiker - 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, Link

グルタチオン - Wikipedia


つながり方がちょっと特殊みたいなので、単純なペプチド結合とはいえないけれども、

今までどこかで目にしたアミノ酸の名前が挙がっている。

アミノレブリン酸のポテンシャル

システインによる青酸の無毒化

米ぬかボカシを作ろう!水分量が大事!


とりあえず、

新たな名前が出てきた時がググってみろ(Google検索してみろ)というのが定石なので、

グルタチオンで検索してみたら、

国立研究開発法人 科学技術振興機構のページで植物の光合成を増強する「グルタチオン」というニュース記事が引っかかった。


ニュース記事の内容を要約すると

植物は光合成の際に活性酸素を副産物で出し、今まではそれが毒だと解釈されていたけれども、

活性酸素とグルタチオンの抗酸化作用が組み合わさることで光合成の活性化につながり生育も良くなる。

更に、グルタチオンを与えた植物は体内での光合成産物の移動量も増えた。

アブシジン酸の働き、そして毒性はあるのか?


この先はニュースの元となった論文を読んでみなければわからないけれども、

とりあえずアミノ酸の働きについてのざっくりとした知見は増えた。


グルタチオンが植物体内でどのような経路で生合成されるのか?

取り急ぎ、そちらの方を把握しておきたいところ。


読み物

農業に貢献する新肥料 カネカ ペプチド - Food Production Support 株式会社カネカ