草刈りされた箇所にヒガンバナとおそらく再生中のクズらしきつる性の草がいた。

ふと、ヒガンバナのアレロパシーはクズに効いていなかったっけ?ということが頭に浮かんだ。

ヒガンバナのアルカロイド


ヒガンバナのアレロパシーはクズの発芽を見ていたから、再生には関係ないのかな?

もしくはヒガンバナの個体数が少ないから、作用が弱いのかな?


なんてことを思った。