引き続き、簿記の勉強

売掛金の発生とその回収について、GnuCashではどうやるのか?を見てみる。


まず、売掛金についてだけど、

売掛金は商品を販売したけど、商品代を回収していない状況のことを指し、いずれ回収できるわけだから資産として扱われる。

売掛金は資産で増加するものだから、借方の方に記入するとなると、

その相手方勘定科目は収益で売上に当たるだろう。それを貸方に入れる


となると、



資産ではなく、収益の売上を開き、



資産移動を売掛金にして、収益に金額を入れれば良いのかな?



勘定科目で確認してみると、売掛金と売上が50000円になっているが、

流動資産は1000000円のままなので、収益に対して現金が増えてないことになり、この登録は正しいことになる。




では、これから売掛金を現金で回収するにはどうすれば良いか?だけど、



売掛金を開いて、



資産の移動を流動資産:現金にして、支払を0にすることで、貸借残高を0にする。



勘定科目を確認してみると、

収益は50000円のまま、売掛金が0になり、流動資産に50000円が追加されて、1050000円になっていたので、操作に間違いはなさそうだ。